ファンガソープ

Amazonでも評価の高いファンガソープが人気な理由

ドクターズチョイスのファンガソープが結構人気となっていて注目されているようです。
アマゾンのレビューなどを見ても高評価が多くその人気ぶりがうかがえますが、なぜこんなに人気となっているのでしょう?

その理由は、色々ありますが結局は”使い心地がたまらない”
私は、結局、これが一番の理由です。

実際に使っている私自身が一番実感していて、もう他のボディソープには戻れないと思っている部分もあるんですが、それは、私だけではないようです。

  • 「洗っている最中は滑りが良いが洗い流すとさっぱり」
  • 「カンジダ治療に使用しはじめたら使用感が抜群で継続中」
  • 「シアバターのお陰で乾燥せずスベスベ」
  • 「水虫対策で使っていたら足の裏がツルツルに」
  • 「ティーツリーの香りがさわやか」
  • 「デリケートゾーンのかゆみが鎮まってきた」
  • 「シャンプーとして使用したらフケが減った」

これは、アマゾンに掲載されていたレビューの一部を抜粋したものですが、このような使い心地の良さと、目的とは別の快適さにリピーターが増えているようです。

ファンガソープEXはこちらの直営店で購入しました

元々は真菌対策用として使われ始めた

ファンガソープは、元々は、使い心地ではなく抗真菌のサポート製品として扱われていました。含まれている主成分の一つであるティーツリーオイル。

殺菌力に優れているので、水虫や爪水虫の白癬菌、または、カンジダ膣炎や亀頭包皮炎のカンジダ菌を殺菌する事などです。

市販のボディソープは、菌自体を洗い流す事は出来ても殺菌力が無いので、皮膚に残っている真菌や細菌が再び繁殖しやすい状態ですが、ティーツリー配合のファンガソープを用いると、こうした菌の繁殖を防いでくれるそうです。

その状態で塗り薬を用いると、今までよりも早く治療できるようになるという事でファンガソープが重宝します。

しかし、それなら、治療期間が終了したらもう用済みなので、使わなくても良くなりますが、使い心地が良いのでついつい使い続けてしまう。
それでいて、使う事が細菌感染の予防にもなるので、結果的に使ってしまう。

実際に私自身もリピーターなので、そうなる理由がわかります。
いろんな意味で”最適”な要素が詰まっています。

筆者の実感1:足裏のムズムズが消えました

足のムズムズは、実は、水虫の前段階という事をご存じですか?

ただ単に、皮膚が厚くなってきてそれが原因でムズムズしているというのではなく、実は、それは細菌類によって引き起こされているそうです。
乾燥肌だからというのもまた違うそうです。

かゆみ=細菌のしわざ

私も最初は、乾燥肌だからと思っていたのですが、細菌のしわざという事を知ってから、ファンガソープで入念に洗うようになりました。
特に、かかとの周辺部分。

足の外周と言えばよいでしょうか。
そこが、ひび割れムズムズムズムズ…。

それが気になり、足裏を中心にファンガソープを泡立てて少し時間をおくようにしつつ、その間に足裏マッサージなどをしながら使っていたら、3、4回使っていく内に、足裏のムズムズが無くなっていました。

やっぱり、かゆみが治まるという実感は、本当にうれしいものです。

筆者の実感2:ニオイが結構クセになる

ファンガソープと言えば、シアバターの独特のニオイもあります。
これが、ちょっと変なニオイなんですよね。
でも、この独特なニオイが結構クセになってきます。

私のイメージでは、靴屋さんのニオイという感じがあります。個人的には、あのニオイが結構好きで、靴屋に行くと変な高揚感。笑

それと近しいニオイがファンガソープからあるので、毎日、気分爽快なんですが、同じように、このニオイが好きという方がリピーターに多いと思います。

筆者の実感3:旅行に持ち運ぶ使い方が可能

今までも肌のトラブルには、結構シビアだったので、できる限り肌に刺激とならないものを使用していました。それが、米ぬか石けんです。

元々は、母親がゴリ押ししていて長年使っていたというのもあり、ものは試しに使うようになり数年愛用していました。

しかし、出張で持って行くと、石けんがどろどろになってしまう事があります。乾燥させない状態で袋などで包むと、すぐに溶解してしまうのです。

この点もファンガソープに切り替えたら解消できました。

ダイソーに売られている旅行用のミニボトルにファンガソープを入れて持ち歩くことが出来るので、旅行や出張に重宝しています。ビジネスホテルに備え付けの液体ソープは、安い香水くさいニオイだったり、ぬるぬる感が残る事が多いので、ファンガソープを持ち歩けば、解決できます。

それに、出張中は、普段のようにいかないので、水虫やカンジダのケアなど必要な場合には、少しおろそかになってしまうので、予防という意味でも最適です。

筆者の実感4:全身に使え体臭防止も期待できる

これも実際にそうしている方は結構多いかもしれません。
ファンガソープは、足裏から頭まで、全身に使えるのもうれしいところ。

足裏に使えば、水虫だったりかゆみを予防できるようになりますが、これは、全身でも同じ事ですが、特に、汗やニオイの気になる部分に使う事で体臭が改善したというレビュー情報も結構見かけます。

その位、ティーツリーオイルは殺菌力が高いらしく、数千年前のレベルから殺菌に用いられてきたとも言われているので、それも納得出来ます。

でも、そう言われている割に、こうした製品になると効果の微妙なものも確かに少なくありません。宣伝の方が先走っている感じのものが…。

その点、ファンガソープは、実感が多い事が人気となって、インターネット中心にじわりじわり人気となっているので、”試してみたら、やっぱり良かった”という感じで人気となっている感じがありますね。

皮膚の中では、顔も顔ダニなどが生息しやすく、鼻など、脂が分泌しやすい部分です。鼻をこするとくさいニオイがするなら、それは、雑菌や皮脂が原因ですが、ファンガソープを使うようになると、そうしたニオイも減ってくるのではないでしょうか。

効果と利便性の両方で最適

結局、なぜファンガソープが人気なのかというと、ティーツリーとシアバターによる殺菌と保湿という効果はもちろんのこと、使い心地がかなりいい線行っているところが人気の理由だと思えます。

特に、試しに一度使ってみると、「もっと早く使っておけば良かった」と思う人も少なくないと思います。その一人が私自身なので。

暑い夏場は、ティーツリーのお陰で白癬菌やカンジダ(菌)の感染や繁殖を抑えるだけでなく、汗疹やニオイの防止にも効果的で、寒い冬は、シアバターが乾燥肌を保護してくれる部分も踏まえると、効果、利便性、そして、年中使える要素の詰まった液体ソープというのが私の印象です。

ファンガソープEXはこちらの直営店で購入しました

ファンガソープEXはこちらの直営店で購入しました