皮膚感染症に最適なボディソープ選び

殺菌力のある医薬部外品のボディソープが最適

身近な皮膚の感染症として思い浮かぶものだと、水虫や爪水虫など白癬菌が引き起こすものや、カンジダのように、常在菌であるカンジダ菌の数が増えることで症状が現れるものもあります。

もしも、皮膚関連の感染症を何度も経験している場合、使っている塗り薬などを見直すことも必要となってくると思いますが、日頃から使っているボディソープを見直すことも大事かもしれません。

では、どのようなものを選べば良いのでしょうか。

それを考える上で必要となってくるのが殺菌力の有無ですが、そもそも、市販されている多くのボディソープ類は、汚れを落とすだけで殺菌力は含まれていないそうです。

殺菌力があるという効果効能は、薬となれば、それが可能となりますが、殺菌力のあるボディソープのように、その働きが緩やかなものは、薬と化粧品の間という扱いとなり、医薬部外品となるそうです。

そんな医薬部外品でも人によっては、刺激が強くなり皮膚が負けてしまうこともありますので、この辺のバランスをしっかり考えて作られていないと、皮膚感染症の改善や予防に用いているつもりが、反って悪化させてしまうこともあるかもしれません。

特にティーツリーオイルを含んでいるものは、この成分の作用が強いので多く入りすぎてもダメだそうです。なので、殺菌力はあるけど、皮膚への悪影響もないというバランスを保つ必要があります。

なので、ティーツリーオイルだけ購入してきて、目分量で日頃から使っているボディソープに混ぜるという方法もあるそうですが、万が一の事を考えると、ファンガソープEXのように、きちんとした製品の方が安心できるのは言うまでもありません。

>>ファンガソープEXはこちらから購入しました